お城ジオラマ復元堂

045-562-7182
 

城ラマシリーズ 城ラマ奮闘記

HOME > 城ラマシリーズ > 城ラマ開発奮闘記 > 増山城築城!(4)-本物を追い求める-

増山城築城!(4)-本物を追い求める-

最初に少し告知です。

今週末、12月22日(土)から24日(祝・月)までパシフィコ横浜で行われるお城EXPOにお城ジオラマ復元堂は物販ブースの出展をいたします。

 

また、ジオラマコーナーでは小机城と増山城のジオラマを展示いたします。
是非お城EXPOにご来場くださいませ。そして、城ラマブースにもお越しください!

増山城1219-2

(増山城 城ラマ)

 

さてさて本題にもどります。
お城ジオラマ復元堂は、今年いくつかの自治体のコンペに参加しました。

 

自治体のプロポーザルなどの情報は、自動的に送られてくるわけではないので、まめに調べる必要がありますし、いきなり参加できるわけではないので、営業に行ったときに興味を持っていただいたり、動きがありそうな自治体には事前に業者登録をします。自治体によっては登録の期間が限られているところもあって、既存の仕事(ちなみにうちはプラスチックのギヤ作ってます!)と勝手が違うところで結構神経使います。そんな折、なんと砺波市のHP上にて、増山城のARアプリのプロポーザルを実施する旨の記事を発見!すぐに申し込みをします。

 

今回は商品がデジタルコンテンツなので、城ラマのARを作ってくれている株式会社テオさんと緊急会議をしました。

上田城AR4

(テオさんの作る城ラマのARは美しいビジュアルで定評があります)

 

そして、商品としては昨年のお城EXPOで発表し、好評だったスマホをつかったGPS位置情報ゲームである「城ポジ」で行くこと、そして、キャラクターの製作は古部左馬介満敬さんにお願いする事を決めました。キャラクターは製品イメージに関わるとても重要な要素です。もちろんゆるキャラ風もありだと思うし、イケメン風のキャラでもいいかと思いました。むしろそちらの方が「流行り」ということから考えると正解かもしれません。でも、古部さんのお願いしようと考えたのは、細部にまでこだわった古部さんの甲冑の表現が、本物を追い求める「城ラマ」にとってはとても相性が良いと思えたからです。

古部さん

(古部さんのTwitterアカウント)

 

とはいえ、実は面識はなかったので(なかったのかい!)、連絡を取りお会いすることに。
お話の場は、甲冑愛とお城愛がほとばしる愛のある空間(笑)となり、趣旨を伝えたところ、快諾頂きました。そして、「本物を追求する」ということの大事さを改めて受け取りました。

 

古部さんの作品はtwitterでみることができます。リアルな甲冑描写もさることながら、色使いがとても美しいです。是非Twitterを覗いてみてください古部さんのアカウントはこちら

 

その後、7月後半に行われたプロポーザルに参加し、受託が決定!
一行でさらっと書きましたが、自治体からの初受注!めちゃくちゃうれしかったです!

 

そして、本格的に製作活動にはいることになり、データづくりに追われる日々が始まったのでした。

IMG_5722 (2)

 

今日はこの辺で。

 

著者情報

二宮博志

二宮博志

お城ジオラマ復元堂のご訪問ありがとうございます! 城郭復元マイスター 二宮博志です。 よろしければ城ラマのトップページもご覧ください! お城ジオラマ復元堂トップページ

城ラマ開発奮闘記 前の記事へ 城ラマ開発奮闘記 一覧 城ラマ開発奮闘記 次の記事へ

城ラマ開発奮闘記 最新記事

増山城築城!(4)-本物を追い求める-

増山城築城!(4)-本物を追い求める-

砺波市のHP上にて、増山城のARアプリのプロポーザルを実施する旨の記事を発見! 商品としては昨年のお城EXPOで発表し、好評だっ…

記事の詳細ページへ

増山城築城!(3)-登城三度め!上杉謙信かい!(笑)-

増山城築城!(3)-登城三度め!上杉謙信かい!(笑)-

実は城ラマ監修の藤井先生の出身が富山でありまして、もうすでに家屋敷はないのですが、お墓があります。藤井先生が「しばらく墓参りにい…

記事の詳細ページへ

増山城築城!(2)-ふたたび登城!しかも二日間(笑)-

増山城築城!(2)-ふたたび登城!しかも二日間(笑)-

城ラマ開発奮闘記、増山城編の第二弾でございます。 雪解け後の4月、富山城、高岡城のジオラマ営業に再び富山に訪れた私は、チューリッ…

記事の詳細ページへ

増山城築城!(1)-増山城って知ってる?-

増山城築城!(1)-増山城って知ってる?-

さて、増山城ってみなさん行ったことあります?っていうか続100名城に認定される前に知ってました? この城の面白いところは単純に空…

記事の詳細ページへ